金融業界マーケター推奨のリスティング広告最適化AI「Optmyzr」とは

GoogleやYahoo!などで、私たちが普段から良く目にするリスティング広告、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を掲載する広告手法ですが、このリスティング広告に関する新しいシステムが開発され世界中で話題になりました。

この記事では、リスティング広告に一石を投じた「Optmyzr」について詳しく解説していきます。

リスティング広告最適化AI「Optmyzr」とは?

出典:https://optmyzr.jp/

Optmyzrは、元Google社員によって2013年に開発された、人力では到底不可能なレベルの最適化を実現するリスティング広告最適化AIプラットフォームです。

導入企業は世界85ヵ国80,000社を超え、内蔵されているAIにより、どの言語でもアカウント運用やレポート作成を行うことができ、グローバルに活用できるため世界中から注目を集めています。

世界の大手広告主やマーケティングエージェンシーから信頼を得ており、各方面から高い評価を受け、研究者の素晴らしい功績を称える「グローバルサーチアワード」や「UK Search Awards」など、数々の賞を受賞しています。

今後については、より多くの日本企業へ利用してもらうことで事業拡大に貢献することを目指し、ユーザーからのフィードバックや要望を取り入れ、業界のトレンドや傾向、変化に対応するため、さらに機能をアップデートしていく予定です。

開発の背景

Optmyzrの開発背景には、リスティング広告を中心としたWEB広告を取り巻く事業成長の停滞がありました。

ユーザーが能動的に入力したキーワードに対し表示されるリスティング広告は、潜在層へのアプローチが可能で効果の即効性が高いといわれていますが、Web広告の中でも長い歴史を持ち、完成された市場であるため、現状維持の目標設定がされてきました。

この停滞した市場を活性化するため、媒体の自動最適化機能や担当者の技術だけに頼らず、AI技術を搭載したOptmyzrによって、第三者目線で実績に基づいた最適化案を提案するため、これまで人では気が付けなかった部分を改善し、広告パフォーマンスの更なる向上と事業成長を支援するために開発に至りました。

Optmyzrの機能

Optmyzrは24時間365日、AIが細分化された各ターゲット層への入札調整を自動で行います。

Google広告、Yahoo!広告の両媒体に対応しているため、全体での予算最適化を実施が可能です。

その他にも、追加や除外すべきキーワードの提案や、アカウント全体で最良な広告テキストを提案してくれるため、人力では到底不可能なレベルでの最適化を実現します。

URLチェッカー

URLチェッカーとは、リンク切れや在庫切れなどのページを検出して、担当者に通知を送ることができる機能です。

また、一般的なリンクチェッカーとは違い、通知を送るだけでなく、該当の広告やキーワードを自動で利用を停止することができます。

ユーザーが広告をクリックしても、その先のランディングページが機能していなければユーザーの信頼を失う要因になってしまう恐れがあるので、そのようなことを防ぐためにも、この機能は非常に有用です。

金融業界マーケターの85%が推奨

出典:https://optmyzr.jp/

ゼネラルリサーチ株式会社が行ったインターネット調査によると、金融業界マーケターの85%が、Optmyzrを推奨すると回答したそうです。

この調査は、金融業界のマーケター502名を対象に、2022年2月10日から14日の5日間実施され「Optmyzrをリスティング広告最適化AIプラットフォームとして推奨しますか?」という質問に対し、「とても推奨する」が30.68%、「やや推奨する」が54.78%と全体の85%が推奨すると回答しました。

このアンケート調査からも、Optmyzrがいかに優れたシステムかが分かります。

Optmyzrの導入事例とその効果

出典:https://optmyzr.jp/casestudy/case-study/202109301239/

ここからは、実際にOptmyzrを導入した企業と得られた公開について紹介していきます。

株式会社日比谷花壇

日比谷花壇は、「感動はいつも 花とともに」をキーワードに、全国に店舗展開しているフラワー事業を多角的に展開している企業です。

日比谷花壇では、指名キーワードや非指名キーワードなどキーワードの特性によって入札の強弱をつけたり最適な戦略を適用することで、きめ細やかな運用が可能となり、結果として、Webサイトへの訪問者に対して、どのくらいの成果があったのかを表した数値、いわゆるCVが前年と比べて約83%増を実現し、より多くのお客様に商品の購入をしてもらえるようになったそうです。

Anicca

海外でも多くの成功事例が報告されています、イギリスのWeb広告代理店「Anicca」は、入札管理に問題を抱えていました。

自動入札は、設定にかかる時間が短縮できるなど、運用工数を大幅に短縮できる反面、完全に自動化すると具体的にどう機能しているのかが見えず、効果が出ない場合の原因を探るために膨大な手間がかかってしまいます。

この問題を解決するために、AniccaではOptmyzrのルールエンジンを使い、入札を完全に自動化するのではなく、提案された入札変更をすべて見直し、CPCが妥当な範囲内に収まっている提案のみを手動で決定するようにしました。

それにより、広告の費用対効果やコンバージョンが改善され、CVが16.4%、CVRが20%、クリック率は11.4%と大幅に向上しました。

それまでのGoogle広告のスマート自動入力戦略では実現できなかった、入札の最小と最大限度を設定を可能にし、ユーザーの離脱やコストの高騰を防ぐことができました。

Constellation

アメリカにあるGoogleのプレミアパートナー代理店Constellationは、きめ細やかな広告運用で定評があります。

以前はカスタマイズ設定に1アカウントあたり月50時間ほどかかっていましたが、Optmyzrを導入したことで、アカウントのほとんどのルーティンが自動化され、独自のベストプラクティスを用いた最適化を行うことができました。

その結果、大幅な工数削減に加え、見込み客獲得単価を25%抑制することができました。

まとめ

出典:https://optmyzr.jp/feature/

金融業界マーケター推奨のリスティング広告最適化AI「Optmyzr」について、詳しく解説してきました。

事業成長が停滞していたリスティング広告を、活性化させるシステムとして、現在では世界中で利用されている「Optmyzr」は、日本でも導入する企業が増加傾向にあり、さらなるバージョンアップを目指し開発がすすめられています。

今後はさらに多くの企業がこのシステムを取り入れ、事業拡大を果たしてていくのではないでしょうか。